異国旅

簡単に旅する。

トルコリラが暴落したからといってバーバリーを買おうとするな。

2018年08月18日

13日の朝からリアルタイム検索キーワードの上位を占めていますが、これに対する理由について調べてみました。

現在トルコと米国が様々な問題によって関係が悪化しました。

トルコでアメリカ人牧師の長期拘禁、イラン制裁参加、関税報復、シリア解法意見などでトルコは、米国との関係がとても悪化しています。

10日(現地時間)、海外の外国為替相場によると、ドル - リラの為替レートは市場の一時1ドル= 6.8010リラので前場より22.73%大きく上昇することを示しました。

ところが、突然13日午前現在、ウォン - リラ(トルコ)為替レートは165.05ウォンで前日比8.64%(15.6)ウォン下落しました。

他の媒体によると、ケープ投資証券研究員は "トルコの金融市場の不安の理由は、米国の制裁の懸念のため」とし「最近、米国とトルコ政府は、アメリカ人の牧師釈放議論、アメリカの対イラン制裁にも、トルコのイラン産天然ガスの輸入の継続などで、両国間の政治的、経済的関係が悪化している。」と言っています。

下手をすると、トルコの金融危機が、トルコだけの危機ではなく、欧州にまで拡散する恐れがあるように見えます。

それでも幸いなことに、トルコの金融不安が深刻化しても、国内の金融圏に直接及ぼす影響は限定的という意見もあります。

現在のトルコリラの為替レートの急落により、トルコのバーバリー製品を購入しようとされる方が多いですが、気をつけたほうが良いですよ。

写真出処=トルコのバーバリーオンラインショッピングモール

理由としては、まず配送代行社を選ぶのが問題であり、現在のそこを通る国の経済すべて悪化しているため、どこの馬の骨かもわからない個人の代行者を選ぶとトラブルが怒ったりとかなりリスクが高いです。また、バーバリー本社がキャンセルを行う可能性も。

本当に慎重にご覧の上購入されることをお勧めします。

-お得情報, トラベルハック, 旅知識

記事を共有

最後まで読んで頂きありがとうございます。

こちらの記事をシェアして頂けるとモチベーションが上がります! 今後も役に立つ、面白い記事を配信していきますのでよろしくお願いします!