異国旅

簡単に旅する。

助詞 ~은/는/이/가/

2019年05月16日

 

韓国語は日本語と構造が似ていて、助詞も日本語と同じ仕組みです。

助詞とは品詞の一つであり、助詞自体では文節を作れず、他の語の後につけて文節を作る単語です。語と語との関係を表したりと色々な役割があります。

 

 

~은/는 (〜は)

助詞である~은/는は日本語の(〜は)と同じように、

主語と述語を組み合わせる時に使います。

 

1. 그것은 책입니다.

(それは本です。)

2. 나는 회사원입니다.

(私は会社員です。)

3.  수박은 내가 전부 먹었다.

(スイカは僕が全部食べた。)

4.  그와는 얼글을 마주하고 싶지 않습니다.

(彼とは顔を合わせたくありません。)

 

 

単語

책 / 本

회사원 / 会社員

수박 / スイカ

마주하다 / 合う、向き合う

 
 
 

~이/가 (〜が)

 
「彼が〜」「私が〜」の時の「が」を韓国語でもそのまま「가(ガ)」と発音するので覚えやすいです。
 

 

내가 했어요
(私がしました)
이것이 펜입니까?
(これがペンですか?)
 
〜会話例〜
A:누가 아직 안 왔어요?
誰がまだ来ていませんか?
B:김씨가 안 왔어요.
 キムさんが来ていません。
 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-トラベルハック, 基本文法, 韓国語

記事を共有

最後まで読んで頂きありがとうございます。

こちらの記事をシェアして頂けるとモチベーションが上がります! 今後も役に立つ、面白い記事を配信していきますのでよろしくお願いします!